ひとりごと

私が日々を過ごして思ったこと、勉強したことを自分のために。ひいては色々な人の役に立てば何よりです。

雑談で信頼を築く

 

 

 

これは、以前に綴った『意味のある「雑談」を』に関するものです。

 

http://watanabe-psycho.hatenadiary.com/entry/2016/10/16/155041

よければこちらもご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも書いたように、雑談はあらゆる人間関係の入り口になります。

しかも、これは簡単に身に付けやすい技術です。

 

 

 

 

今回は、「初対面で何を話題にあげれば良いのか」について書きたいと思います。

 

 

 

結論から言うと

「最初の話題」は当たり障りのないものこそ正解

です。

 

 

 

 

初対面での雑談は非常に緊張しますよね?

特に「何を話せばいいのか」については、話題選びに苦労するものです。

 

当たり障りのない話をしているだけでは盛り上がりませんし、かといって自分の好きなこと、得意なことを話題に選ぶと「ハマれば盛り上がるけど、外せば大惨事」になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どのような話題を選んで、どんな広げ方をすれば良いのでしょうか。

 

 

まず、大前提としておさえておくべきことは「雑談で大切なのは、相手を乗せること」です。

基本的には相手に合わせて話題や接し方を変えて、盛り上がりやすい空気をつくっていくものだということです。

 

 

 

 

この時に考えて欲しいものは、「A」と「B」の2つの軸です。

Aの軸は会話の深さ、Bの軸は会話のバリエーション、話題のことです。

 

 

色々な話題をふりながら(B展開)、相手の様子、表情、仕草を見て、のってきたところでその話題を深めていくのです(A展開)。

 

 

 

 

 

 

この「相手を観察する」ことに関しては以前に書いたものを参考にして見てください。

 

 http://watanabe-psycho.hatenadiary.com/entry/2016/09/09/042643

 http://watanabe-psycho.hatenadiary.com/entry/2016/09/22/145719

よければ是非。

 

 

 

 

 

 

 

では、実際にどのような話題をふればいいのでしょうか?

 

私の例を出すと

天気、ファッション、趣味、健康、最近のニュース、出身地、勉強していること(大学など)、仕事

 

 

 

ざっと挙げましたが、簡単にいうと

「誰にでも当てはまるような当たり障りのない話題がいい」

ということです。

 

 

やたらにトリッキーな話題をふればいいというものではありません。

あくまでも「自然な流れから共通点を見つけていくこと」が大事なのです。

 

 

 

 

 

 

1つ、例を見せます。

 

あなた「それにしても、すごい雨ですね」

Bさん「急にきましたしね〜」

あなた「この季節はよく降るので大変です」

Bさん「そうですね、お疲れ様です」

あなた「えっと、それで本日なんですが…」

 

 

こんな風に「A」と「B」の意識がない人は、会話のキャッチボールが続きません。

ただの「ムダ話」に終わるのです。

 

 

 

これを

 

あなた「それにしても、すごい雨ですね」

Bさん「急にきましたしね〜」

あなた「そうなんです、予定も立てにくいです」

Bさん「そうなんですよ、私も先日予定がつぶれて…」

あなた「それは災難でした…。どこか行かれる予定だったんですか?」

 

 

と、天気の話題→先日の予定に話題が移動してます。

基本的には1つの話題をフックに、相手の反応を見ながら話題を変えて、引っかかればそれを深く掘っていく流れです。

 

 

このやりとりの中で、相手を知って、自分を知ってもらって、距離を近めていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、出すべきでない話題もいくつかあります。

 

 

わかりやすいものだと、宗教、政治の話です。

というのも、これらは個人の思想が深く関わってきます。

そして、話のテーマが深すぎるため、議論になってしまう可能性があるからです。

 

 

 

 

 

雑談は、ある程度の気軽さがないと盛り上がりません。

「議論に発展してはいけない」

は、1つの大事な鉄則です。

 

 

 

では、軽さの代表的な話題、「恋愛」、「下ネタ」はアリなのか?というと、これまたケースバイケースになります。

ただ、基本的にはしないほうがいいと私は思います。

 

たしかに、うまくいけば一気に距離は近くなりますが、外せばとんでもないことになります。

これは「空気を読む」力と「先を見通す」力が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって初対面、特にビジネスシーンでは、ニュートラルな会話を心がけるのが無難なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?

「苦手な人」をなくす唯一の方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間関係を良好にする方法として、よく言われているのが

「相手のいいところを見つける」

という方法です。

 

 

 

これは間違いではないです。

まさにその通りだと思います。

 

 

 

でも、「いいところ」を見つけるのは、簡単なことではないです。

この「いいところ」は中々幅が広くて漠然としてるからです。

 

 

漠然としてる中から探すのです。

中々骨が折れます。

 

 

 

 

 

 

なので、これを限定して「相手が自分より優れているところ」を探すのをお勧めします。

 

なんでもいいです。

 

・ルックス

・ファッション

・何かの技術

・性格

 

とにかく相手の中で自分にないもの。

 

自分よりも相手の方が優れているところを、あなたの中で相手に対しての苦手意識が大きくなる前に「3つ」見つけるのです。

 

 

 

 

この数字にも意味はあって、1つだけだと「実は違った」と裏切られた時にいいところがなくなってしまいます。

逆に3つ以上だと今度は見つけるのが難しくなります。

3つだと1つに疑問を持っても残り2つ残ります。

 

 

 

 

 

この、「いいところ」を探すのは2つ、メリットがあります。

 

 

 

ひとつは「仕事で非常に有利になる」ということです。

 

つまり、それらのポイントが有効活用できる仕事を割り当てられた時、その人を当てにできるのです。

自分より上手くできる人に自然に頼れます。

 

 

 

 

そして、もうひとつ。

こっちの方が重要だと思います。

それは、それを探すことを習慣にしているとどんな相手でもある程度の尊敬なり好感を持てるということです。

 

相手をいきなり全否定してしまうことがなくなります。

あの人は苦手、嫌いだけど、ここは魅力的。

そんな風に捉えれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手のパーソナリティを細かく分けていけば、ほとんどが嫌いでもひとつだけ尊敬できる部分があればそれを学ぼうと思えるようになります。

 

さらに言うと、自分のストレス軽減にもなりますね。

学ぼうなどのプラスの気持ちを持てれば、「会いたくないな…」などのマイナスの気持ちとも無縁になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番大事なのは漠然といいところを探すのではなくて、尊敬できる、仕事に使えるみたいな、

自分へのメリットを考え意識して探すことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?

 

意味のある「雑談」を

 

 

 

 

 

 

 

あなたは「雑談」と聞いてどのようなイメージを抱きますか?

 

「どうでもいい話をおもしろく話すこと」

「適当な話をして場を持たせること」

 

そんなイメージを持つかもしれません。

 

 

 

 

 

 

でも、その認識は今日で改めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

雑談とは、意味のない無駄な話をすることではありません。

雑談は、様々なものを根本から変えることのできる魔法のようなメソッドなのです。

 

 

ですが、雑談の重要さに気がつかず知らないうちに損をしている人が沢山います。

 

 

 

 

もう一度いいます。今すぐその認識は改めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雑談のレベルが高まると、

 

・自分に対する印象や評価が180度変わる

・苦手な人が減っていって、人間関係で悩むことがなくなる

・どんな場所にも顔を出すことができ、良い縁にも恵まれる

・よくチャンスにも恵まれる

 

というようなコミニュケーションの枠を超えて、人生全体に良い影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

 

 

 

雑談とは、簡単に身につけやすい「人に好かれる技術」です。

 

出会ってすぐ、数分にも満たないやり取りで好印象を抱かざるを得ない言葉の使い方、物腰。

 

しかもこれは仕事の場面ではもちろん、プライベートでも形を変えて使うことができます。

 

間違いなく自分をより魅力的に見せることができます。

 

 

 

 

 

 

 

でも、こう説明すると

 

「そんなこと簡単にできるわけない」

「才能の問題でしょ」

 

と思う人がほとんどだと思います。

 

 

 

 

 

 

でも、そんなことはありません。

特別な才能もいりません。

 

 

 

 

 

 

誰でも同じようにトレーニングできます。

しかも、生きていく中で絶対に欠かすことのできないスキルです。

 

 

 

 

 

つまり、だれにでも模倣、それを応用することができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑談はありとあらゆる人間関係の入り口になります。

 

自分という存在を認めてもらい、その後の関係をより深く、強いものにするきっかけになります。

 

それは、人間関係の方向性を決定する重要なステージなのです。

 

 

 

 

 

 

その肝心な「中身のある雑談」のテクニックについてはまたの機会に…笑

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?

「場を作る」という事

 

 

 

 

 

 

私たちが日常生活を送っていく中で、様々な場面というものがあります。

 

 

 

日常生活というと漠然と広く感じますが、実際には

友人との飲み会、ビジネスの打ち合わせ、恋人とのデート、何かの相談を受ける

など、どんな状況においてもその時点で、それぞれの場面が限定されていると思います。

 

 

 

 

 

 

そして、人間の言動には必ず、その場に応じた「相応しい言動」と「相応しくない言動」 があります。

いわゆる、「空気を読む」という事と同じ事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあらゆる限定された場面で「相応しい言動」と「相応しくない言動」を「空気を読んで」選択していく。

 

 

 

 

 

 

それが「場を作る」事であり、それをするのとしないのでは相手への印象は大きく変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では具体的にどういう事なのか説明します。

 

 

 

 

 

 

たとえば…

あなたは今おかれている状況が「人と会う」という場にします。

これを細かくしていくと、こんな感じになりますね?

 

 

 

・それはプライベートなのか、ビジネスなのか?

 

・場所は?公共の場か、プライベート(部屋、応接室)な場なのか?

 

・ホーム(自分の家、会社)なのか、アウェイ(相手の家、会社)なのか?

 

・相手は初対面の人か、何度もあっている人なのか?

 

・相手は同性か異性なのか?相手に抱いて欲しい感情は?

 

・相手の人数は?複数対複数(会議、合コンなど)なのか?個人対個人なのか?

もしくは個人対複数(プレゼンなど)なのか?

 

 

 

 

 

 

このようにして、ただ「人と会う」というぼんやりとした状況を細かくしてアップデートしていくだけで、多くのことが変化していきますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして考えるだけで、「その場」にあった言動なりタイミングを変えなきゃならないのは一目瞭然です。

 

 

ノープランでその場に望むのではなくて、前もって考えるだけで気持ちはだいぶ楽になります。

たとえば、「こんな感じのニュアンスで言われたらこんな感じのニュアンスで返そう」みたいな。

 

 

でも、ガチガチに固めていくのはよくありません。

相手も人間です。予想と外れる時もあります。

その場合には臨機応変に対応していかなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまでも「頭にとどめておく」程度で良いのです。

それだけで、かなり楽に「場を作る」ことは可能でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?

人見知りについて。

 

 

 

 

 

「私、人見知りなんです…。」

 

 

 

 

 

という人を見かけませんか?

最近は特に、それはもう「人見知りなので……」なんて枕詞のように使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、私が思うに「人見知り」というのは特殊な症状でもなんでもありません。

世の中のほとんどの人は「もともと人見知り」なのです。

 

 

 

 

では、人見知りとそうでない人との差はなんだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

それは、「場数」や「経験」の問題になるのです。

 

様々な人に会う中で耐性がついていき、徐々に、あるいは何かをきっかけとして劇的に改善されていくものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間、病室のベッドで横になりながら見ていた昼下がりのテレビ番組で「世界一の投資家」ウォーレン・バフェット氏が、こんな質問を受けていました。

 

 

 

「社会人1年生が早くビシネスの世界で経営陣に加わるにはどうすればいいですか?」

 

 

学生の質問に対して、バフェット氏は

 

 

「1つ知っておいてもらいたいのですが、才能を持った人はどこにいても非常に目立つものです。

それは、たとえばI.Qが200から、などといった理由ではありません。

その人のふるまいがそう感じさせるのです。

話し方は、人生において重要な財産になります。

苦手な人は少し時間がかかるかもしれませんが、訓練して、人前で楽な気分で話せるようにするといいでしょう。

人前で話すのが恥ずかしいというのは、大きな弱点になります。

話し方は、とても大切な技術なのです。」

 

 

と、こんな感じで答えていましたが、本当に、コミニュケーションというのは一度身につければ人生を左右する財産になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくいう私も、以前は人見知りで、人前で話す事が得意ではありませんでした。

 

 

 

だからこそ思うのは、「自分は人見知り」と強く認識してる人の方が、よりコミニュケーション能力を高める素質を持っているという事です。

 

「自分は人見知り」と思っている人は、コミニュケーションに高い理想を持っている人です。

 

「自分のコミニュケーション力はまだまだ」と感じているから、人見知りだと思わずにはいられないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコンプレックスは、あなたを伸ばすとても大きな力になるでしょう。

 

コンプレックスを解消しようと努力を重ねることで、だんだんと実力や実績がついていくものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、「人見知りだから」と壁を作るのではなくて、

「人見知りだからこそ」、これを解消するためのアクションをおこすべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に、「密度の高いコミニュケーション」をとれると間違いなく豊かになります。

 

 

この人なら信頼できそうだなと、そう思われる言動が取れる人を、誰も見捨てません。

仕事はもちろんのこと、友人関係、家族関係もしかりです。

 

 

 

 

 

あなたは、どう思いますか?

食を断つと、頭が冴える

 

 

 

 

「食を断つと、頭が冴える」

 

 

 

これは、古代ギリシアの数学者であり哲学者のピタゴラスの残した言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

「食を断つ」すなわち「断食」の事です。

 

 

 

よく、

 

「三食しっかり食べよう。」

「お腹がすくと力が出ない。」

 

なんて事を普段から耳にしますよね?

 

 

 

 

私は決してそのように思いません。

 

 

ドイツの諺に

「1日3食の1食は医者のため」

なんてのがありますが、1日に3食。さらに間食も食べて…なんてのはカロリーの取りすぎなのです。

 

 

1日に3食しっかり食べるだけでそのカロリーを消費するには

フルマラソンを1本走る」

と同義なのです。

 

 

 

 

 

 

そんなの、やってられないですよね?

 

 

 

 

 

 

 

なので、私は「1日1食」にしています。

 

 

これにはメリットしかありません。

 

 

 

短眠でも大丈夫になり

 

痩せることになり

 

頭は冴えて

 

病気の心配も減り

 

金銭の節約になり

 

時間も増えるます。

 

 

デメリットが一つもないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

ファスティングは、万病を治す妙法である。」

 

5000年の歴史を誇るヨガの教えから来ています。

ファスティングは断食という意味です。

 

古くから、東洋医学仏教では「少食健康法」が書かれています。

これに例外はありません。

 

 

1935年には「マウスを腹6分目で飼育したら寿命が2倍になる。」事が証明(コーネル大学)され、更に2009年、アカゲザルを使った実験では、「腹7分目にしたサルは、好きなだけ食べさせたサルに比べて1.6倍寿命が延びた。」という結果(ウィスコンシン大学)が発表されています。

 

 

 

 

 

 

 

「万病を治す」

 

即ち、自然治癒力を最高に高める、という意味です。

 

 

 

 

 

医学の父、ピポクラテスも

「人は生まれながらに、体内に100人の名医を持っている」

と説いています。

 

 

 

「100人の名医」は自らを治す力の事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙で手を切りました。

でも、いつの間にか傷は治っています。

 

 

これが「自然治癒力」です。

 

 

 

 

私達は、この力が備わっているからこうして生きていられるのです。

 

 

これは、生命の基本原理なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファスティングは、万病を治す妙法である。」

 

つまり、少食にする事。

 

 

 

 

 

これが全ての根幹なのです。

 

それは小さなメリットから始まり、やがて大きなメリットを生んでいくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、「なぜ」を書きました。

 

それを「どう実行する」のか、はまたいつかの機会に…笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?

 

 

 

人の身体は、「おしゃべり」

 

 

これも、人付き合いに重要なことになると思います。

 

 

 

 

「人の身体は、絶えず『おしゃべり』である」

という事です。

 

 

 

難しい言葉が出てくるけど、あまり深く考えないでください。

 

 

 

 

「身体言語」。

つまり、体から発せられるメッセージには、

 

「思考→身体への反応」

「身体→思考への反応」

 

の、二つのベクトルがあると思います。

 

 

 

これらをどちらも読み取らないといけないのです。

 

 

 

 

 

そのためにはまず

 

「相手の仕草」

「声のアクセント」

 

をよく観察することから始まります。

 

 

 

 

相手が言葉のどこを強調しているのか

体の動かし方はどうだろうか

どこを見ているか

 

そういうものを観察していると見えてくると思います。

 

 

人の身体は絶えずコミュニケーションを続けているのです。

 

 

 

 

 

 

一つ明確な例を挙げると、

 

女性に

「僕の部屋にこない?面白い映画あるんだよ」

と誘ってみたら、相手の女性が頷いた。

 

これは一目瞭然、OKのサインですね。

 

 

 

でも、わかりにくいものもあって

 

デートに誘った女の子が

「今日は楽しかった、ありがと!」

と言いながら、つま先と肩はこちらを向いてない

 

なーんてのがその例です。

 

 

 

 

 

こういう言葉に騙されないで、本音を読み解かないといけないのです。

 

 

 

 

 

とは言っても、実際人間が知覚してるのは身の回りで起こっているほんの一部に過ぎないから、そう簡単に感知できるものではないのです。

 

 

 

 

 

 

試しに思い出してみてください。

 

 

 

自分の家のリモコンの色は?

音量ボタンとチャンネル選択ボタン、左右どちら?

各チャンネルの数字、書体は?

ボタンの数字の色は?

 

 

 

 

思い出せますか??

 

中々難しいですよね?

 

 

 

 

 

アメリカの神経科学者、デイビッド・イーグルマンも

 

「私たちの知覚は、世界を不完全または間違った形で再構成するのみならず、それがあたかも完全なものであるかのように思い込ませる。だが本当のところ、人間は自分に必要なものしか見えてないのだ」

 

と自身の著書で記しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体のサインを見るにはこの、「必要の無いものを見ていく」ことが大事だと思うのです。

 

 

それが相手のすべてを見せてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?