自分を表現する事

 

 

 

私は、バーテンダーをやっています。

 

 

 

私の年齢的に、やはりお客さんには若い人が多いです。

 僕と同世代の方々。学友等ですね。

 

 

 

 

 

 

 

なので、「親の愚痴」をよく聞きます。

 

 

子供の言い分だけ聞くと「そりゃ歪むなぁ」ってことが多々あったり…。

 

 

でも、その前に「あなたはちゃんと自分の義務を果たしてる?表現をしました?」と聞くと「していない」と答えるのがほとんどです。

 

 

 

 

 


では、なぜ、「表現」がなぜ義務なのか。

 

 

 

 

 

 

親が、子供を受容するということは、半ば義務だと思います。

 

 

子供が、親に表現することは「理解されたい」と感じた時に生じる義務であって、これはその他の人間関係にも通じます。

 

 

親に対して「理解されたい」と感じるのは必然的なので、義務も必然的に生じる訳です。

 

 

理解されたくない人はそのまま生きていくしかありません。

 

 

 そうやって生きていくのは、とてもじゃないけど不可能なので。

 

 

 

 

 


でも、親も人間で、子供を全て受容できるかというとそれは中々難しいです。

 

 

だから子供は親に「表現する」という責任を負うのです。


それが、親の庇護の元に生きるのならなおさら。


色々、物事を理解できる年齢になって、表現もしないのに、「分かってもらえない」なんてのはただの甘えだと私は思います。

 

 

 

 

理不尽に否定された時に反抗するべきであって、頭ごなしに反抗してたら成り立つものも成り立ちません。

 

 

 

 

 

まずは、自分から勇気を出して「表現する」事をしてみてください。

 

それは親のみならず、友人関係でも、何事でもそうです。

 

 

 

勇気がいることなのはわかっています。

否定されるかも知れません。

 

 

 

 

 

でも、自分から動かないと事ははじまらないのです。

必ず、受け止め、支えてくれる人がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いなければ、私のところに話にでも来てください笑

 

 

 

 

 

あなたどう思いますか?