感謝をするという事

 

 

 

 

「感謝」

 

 

接してる相手、物に対してお礼をすること。

 

ありがとう

 

いただきます

 

ごちそうさまでした

 

 

 

 

感謝をされるとどうだろう?

気分が悪くなる人なんていないですよね?

 

 

お礼を言われて、怒られたり、睨まれたり、舌打ちされたりなんて事はないですよね?

 

 

 

必ず相手は気分が良くなります。

そうすると、自分も気分が良くなります。

 

 

 

 

私はマクドナルドでも、「ごちそうさま」。

コンビニで缶コーヒーを買ってお釣りをもらうだけでも、「ありがとう」と言います。

 

 

 

挙げればキリはありませんが、とにかく「感謝」を自分の口から言います。

 

 

 

 

 

それは、私が

「丁寧で優しい、中身の出来た人間」

だからではありません。

 

 

 

 

 

そんなものは全く関係なく、私は、

 

「自分が社会の中でいい気分で過ごすには、他人をいい気分にさせるのが最大の近道」

 

という、きわめて利己的な理由を持っているからです。

 

 

 

他人を「いい気分にさせる」と必ず戻ってきます。

必ずです。

方向性、形は違えど、戻ってきます。

 

 

「情けは人の為ならず」と言いますが、まさにそれ。

 

 

 

 

「感謝を口に出す」

 

こんなに小さなことでいいんです。

 

コンビニでお釣りをもらった時。

 

牛丼チェーン店で店を出る前に。

 

 

 

自分の生きる時間を楽しく、過ごしやすくするにはこれが一番手っ取り早いのかなと思います。

 

 

 

 

 

明日から心がけてみてください。

 

 

 

 

いつの間にか180度変わった世界観になると思います。

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?