読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疎まれるという事

 

 

 

 

 

 

 

普段の人との付き合いで、皆気を使っていると思います。

 

「疎まれる」

 

という事。

 

 

 

やはり、誰も周りから「嫌な存在」だったり「外される存在」ではいたくないと思います。

 

 

 

 

 

でも、時には「悪意がなくても」疎まれる時もあると思います。

 

 

 

すなわち、損な性格

です。

これから四つほどあげていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず、「いい子ぶる人」

 

やはり、意識してなくてもオーバーな仕草や行動は違和感になります。

相手に気を使っていい顔をしても、それほど好かれません。

 

 

 

 

次に、「意地っぱりな人」

 

意見が違った時に、相手の言う事をききいれずにがんこにいいはるひとです。

せっかくのいい意見も言い張ると、抵抗感を受けてうけいれられなくなります。

 

 

 

 

次に、「意志薄弱な人」

 

自分を持たないで、人に流されて、左右される、中途半端な人です。

悪意はないのに軽んじられ、尊重されません。

 

 

 

 

最後に、「いい気になる人」

 

つい調子に乗って、余計な一言を言ってしまったり、一方的に話しすぎて後味の悪い思いをする人です。

余計なことをして失敗します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はよかれと思っての行動だと思いますが、やりすぎると相手に嫌悪感を与えてしまい、周りから孤立、「疎まれる」ということになると思います。

 

 

 

 

こういうことに気を使えると、毎日がよりスムーズに進むと思います。

 

 

意識するのは大変ですが、やってみてください。

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?