ひとりごと

私が日々を過ごして思ったこと、勉強したことを自分のために。ひいては色々な人の役に立てば何よりです。

意味のある「雑談」を

 

 

 

 

 

 

 

あなたは「雑談」と聞いてどのようなイメージを抱きますか?

 

「どうでもいい話をおもしろく話すこと」

「適当な話をして場を持たせること」

 

そんなイメージを持つかもしれません。

 

 

 

 

 

 

でも、その認識は今日で改めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

雑談とは、意味のない無駄な話をすることではありません。

雑談は、様々なものを根本から変えることのできる魔法のようなメソッドなのです。

 

 

ですが、雑談の重要さに気がつかず知らないうちに損をしている人が沢山います。

 

 

 

 

もう一度いいます。今すぐその認識は改めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雑談のレベルが高まると、

 

・自分に対する印象や評価が180度変わる

・苦手な人が減っていって、人間関係で悩むことがなくなる

・どんな場所にも顔を出すことができ、良い縁にも恵まれる

・よくチャンスにも恵まれる

 

というようなコミニュケーションの枠を超えて、人生全体に良い影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

 

 

 

雑談とは、簡単に身につけやすい「人に好かれる技術」です。

 

出会ってすぐ、数分にも満たないやり取りで好印象を抱かざるを得ない言葉の使い方、物腰。

 

しかもこれは仕事の場面ではもちろん、プライベートでも形を変えて使うことができます。

 

間違いなく自分をより魅力的に見せることができます。

 

 

 

 

 

 

 

でも、こう説明すると

 

「そんなこと簡単にできるわけない」

「才能の問題でしょ」

 

と思う人がほとんどだと思います。

 

 

 

 

 

 

でも、そんなことはありません。

特別な才能もいりません。

 

 

 

 

 

 

誰でも同じようにトレーニングできます。

しかも、生きていく中で絶対に欠かすことのできないスキルです。

 

 

 

 

 

つまり、だれにでも模倣、それを応用することができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑談はありとあらゆる人間関係の入り口になります。

 

自分という存在を認めてもらい、その後の関係をより深く、強いものにするきっかけになります。

 

それは、人間関係の方向性を決定する重要なステージなのです。

 

 

 

 

 

 

その肝心な「中身のある雑談」のテクニックについてはまたの機会に…笑

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?