ひとりごと

私が日々を過ごして思ったこと、勉強したことを自分のために。ひいては色々な人の役に立てば何よりです。

雑談で信頼を築く

 

 

 

これは、以前に綴った『意味のある「雑談」を』に関するものです。

 

http://watanabe-psycho.hatenadiary.com/entry/2016/10/16/155041

よければこちらもご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも書いたように、雑談はあらゆる人間関係の入り口になります。

しかも、これは簡単に身に付けやすい技術です。

 

 

 

 

今回は、「初対面で何を話題にあげれば良いのか」について書きたいと思います。

 

 

 

結論から言うと

「最初の話題」は当たり障りのないものこそ正解

です。

 

 

 

 

初対面での雑談は非常に緊張しますよね?

特に「何を話せばいいのか」については、話題選びに苦労するものです。

 

当たり障りのない話をしているだけでは盛り上がりませんし、かといって自分の好きなこと、得意なことを話題に選ぶと「ハマれば盛り上がるけど、外せば大惨事」になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どのような話題を選んで、どんな広げ方をすれば良いのでしょうか。

 

 

まず、大前提としておさえておくべきことは「雑談で大切なのは、相手を乗せること」です。

基本的には相手に合わせて話題や接し方を変えて、盛り上がりやすい空気をつくっていくものだということです。

 

 

 

 

この時に考えて欲しいものは、「A」と「B」の2つの軸です。

Aの軸は会話の深さ、Bの軸は会話のバリエーション、話題のことです。

 

 

色々な話題をふりながら(B展開)、相手の様子、表情、仕草を見て、のってきたところでその話題を深めていくのです(A展開)。

 

 

 

 

 

 

この「相手を観察する」ことに関しては以前に書いたものを参考にして見てください。

 

 http://watanabe-psycho.hatenadiary.com/entry/2016/09/09/042643

 http://watanabe-psycho.hatenadiary.com/entry/2016/09/22/145719

よければ是非。

 

 

 

 

 

 

 

では、実際にどのような話題をふればいいのでしょうか?

 

私の例を出すと

天気、ファッション、趣味、健康、最近のニュース、出身地、勉強していること(大学など)、仕事

 

 

 

ざっと挙げましたが、簡単にいうと

「誰にでも当てはまるような当たり障りのない話題がいい」

ということです。

 

 

やたらにトリッキーな話題をふればいいというものではありません。

あくまでも「自然な流れから共通点を見つけていくこと」が大事なのです。

 

 

 

 

 

 

1つ、例を見せます。

 

あなた「それにしても、すごい雨ですね」

Bさん「急にきましたしね〜」

あなた「この季節はよく降るので大変です」

Bさん「そうですね、お疲れ様です」

あなた「えっと、それで本日なんですが…」

 

 

こんな風に「A」と「B」の意識がない人は、会話のキャッチボールが続きません。

ただの「ムダ話」に終わるのです。

 

 

 

これを

 

あなた「それにしても、すごい雨ですね」

Bさん「急にきましたしね〜」

あなた「そうなんです、予定も立てにくいです」

Bさん「そうなんですよ、私も先日予定がつぶれて…」

あなた「それは災難でした…。どこか行かれる予定だったんですか?」

 

 

と、天気の話題→先日の予定に話題が移動してます。

基本的には1つの話題をフックに、相手の反応を見ながら話題を変えて、引っかかればそれを深く掘っていく流れです。

 

 

このやりとりの中で、相手を知って、自分を知ってもらって、距離を近めていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、出すべきでない話題もいくつかあります。

 

 

わかりやすいものだと、宗教、政治の話です。

というのも、これらは個人の思想が深く関わってきます。

そして、話のテーマが深すぎるため、議論になってしまう可能性があるからです。

 

 

 

 

 

雑談は、ある程度の気軽さがないと盛り上がりません。

「議論に発展してはいけない」

は、1つの大事な鉄則です。

 

 

 

では、軽さの代表的な話題、「恋愛」、「下ネタ」はアリなのか?というと、これまたケースバイケースになります。

ただ、基本的にはしないほうがいいと私は思います。

 

たしかに、うまくいけば一気に距離は近くなりますが、外せばとんでもないことになります。

これは「空気を読む」力と「先を見通す」力が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって初対面、特にビジネスシーンでは、ニュートラルな会話を心がけるのが無難なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?