人はどのように「ウソ」をつくのか

 

人が嘘をつく理由は様々にあると思う。

 

 

 

人は、愛や憎しみ、欲に突き動かされて嘘をつく。

所謂、「自己保存」は自己愛の1つで、これが嘘をつく理由のトップであるのは間違いないです。

彼女に「どこいっていたの」と聞かれて、「後輩とキャバクラに行っていた」と答えてもいいですが、少し曲げて「後輩の相談に乗っていたんだ。結構落ち込んでてね…」と答えることもできますね?

 

 

 

2つ目の理由は「相手に対する思いやり」で、これも愛のひとつの形です。

「嘘も方便」というやつですね。

彼女に「このスカートお尻大きく見えないかな?」と聞かれて、「いや、そんなことにないよ…サイズが小さいんじゃないかい?」と気を利かせて言えます。

 

時には真実よりもウソを言う方が楽な時もあります。

これもある種の自己愛になります。

真実を言えば「自殺をした」になるけど、「病気でなくなった」とウソをつけば相手をむやみに困惑させて、気まずい雰囲気にさせるのも防げます。

 

 

 

一方で、そこに憎しみが渦巻いているウソもあります。

これは、愛によるウソと同じで、憎しみの対象は他人、外国、イデオロギーと様々です。

私のクライエントに、別居している旦那が金輪際、自分と娘の生活に関わって欲しくないという思いが強すぎて、旦那の虐待行為をでっち上げた女性がいます。

 

 

そして、私利私欲のためのウソもあります。

所謂、誇張する、見栄を張る…誰もがつくウソです。

 

 

 

 

 

 

 

一括りに「ウソ」と言っても種類は様々ですね。

 

 

しかも、真実と違うということが必ずしもウソとは限りません。

同じ物事に関して、二人の記憶がまるで違くて 、話が合わないというのがこれである。

真実ではないが、ウソではないということです、難しいですね笑

 

 

 

 

ちなみに、「シャドウイー・メモリー(記憶のぼやけ)」もウソのひとつになります。

これは、何かショッキングな物事や場面に直面すると、その時の記憶が曖昧になりうまく思い出せなくなるものです。

誘拐、レイプ被害者などに多く見られます。

 

もちろん、悪いことばかりでもありません。

例えば、空気の温度で、ふと、初めてスカイダイビングをした時の興奮がよみがえり、人に話したとする。

そこで話した事は現実以上かもしれないけど、本人にしたらそれが真実になるのである。

 

 

 

 

 

 

まとめとしては、理由がどうであれウソは必ずあなたのストレスになります。

家族、彼女、友人を守るためなど、どんなにかっこいいものでも、嘘に変わりはないからです。

ウソをつくのは脳の命令に背くことになるので、その不一致がストレスの原因になります。

 

 

 

 

 

臨機応変に使い分けることが必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?